地鶏 ヤゲン軟骨

エゾ鹿イン

トップページ| このサイトについて| サイトマップ| ご意見・ご感想

 
エゾ鹿イン
エゾ鹿インへのお問い合わせ
エゾ鹿イン >> 地鶏 ヤゲン軟骨
Club Members

Club Membersのお申込はこちら

Club Members ショッピング

Club Members専用ショッピング

地鶏 ヤゲン軟骨

薬研

居酒屋や焼き鳥で何気なく食べていたヤゲン軟骨は右の画像にあるその昔、漢方医などが生薬を碾いて粉末化したり、すりつぶすための道具(薬研)の形に似ているというところから名前が付いたそうです。
時には磨り潰して汁を作ったりすることもあったそうです。確かに船の形をしているところが似ているような、でも似いてないような・・・。
この薬研はアメリカを始めとし、イギリスや中国、各国でも使われていたようで伝統的器具といえると思います。ヤゲンは鶏だけではなく、敵や動物の侵入を阻む城の防御施設としてUやV、箱型に深く掘られています。
そのV字形の堀を「薬研堀」とここでもヤゲンは使われています。

軟骨

右の画像がミンチにする前のヤゲン軟骨ですが、全体的に白っぽく槍の先のような、船のような先が尖った形をしています。一羽から30g程、しかも一つしか取れない鶏の中でも希少部位なのです。
栄養面でも大変優れていましてエネルギーが54kcal、タンパク質12.5g (50kcal)、脂質0.4g (3.6kcal)、炭水化物0.4g (1.6kcal)と100g中、タンパク質が12.5gと大変多く含まれている割にカロリーや脂質、炭水化物が低いのです。ビタミンB3とも呼ばれる体内の脂質や糖質を分解するナイアシンや動脈硬化を防ぐパントテン酸も含まれています。
シニア犬やメタボワンちゃんにはヤゲン軟骨は最適なのです!

ヤゲン軟骨

上記のヤゲンを何度も水洗いをしてその後、サッと湯通しをするのがポイントです。こうすることで完全に殺菌出来ること、色鮮やかに仕上げる、油気やぬめりを取り去るなどの利点があります。
人がそのまま食べるのでしたら姿状でいいのですが、ワンちゃんの料理や吸収、消化の面を考えて粗ミンチに仕上げました。ですからドライフードのトッピングとしてもお使いいただけますし、お肉に混ぜても便利だと思います。また当製品はワンちゃん以外にも猫ちゃんや小動物にもご利用いただけます。カルシウム等のミネラル補給に如何ですか?
小分けタイプの50gとお徳用の500gの二種類をご用意致しました。