市販のパラパラミンチについて

エゾ鹿イン

トップページ| このサイトについて| サイトマップ| ご意見・ご感想

 
エゾ鹿イン
エゾ鹿インへのお問い合わせ
エゾ鹿イン >> 市販のパラパラミンチについて
Club Members

Club Membersのお申込はこちら

Club Members ショッピング

Club Members専用ショッピング

ミンチフードについて

ミンチ製造機

ミンチでもよく見掛けるのが食べやすいように開発されたパラパラミンチエゾ鹿インを開設した当初はなるべく犬に肉を噛んで食べてもらいたい、ということから主体的に肉のカットや塊(ハンク)を商品として販売して参りました。しかし、近年の傾向としまして体重が5kg未満の超小型犬に人気が集まり、飼われている65%が超小型犬なのです。
更に世界最小の犬は体重はわずかに170gというチワワもいるのだそうです。
そうなってきますととても大きな肉にはかぶりつけません。そこでそうした小さいワンちゃん用にエゾ鹿肉のミンチ小分けタイプをご用意しました。

市販のパラパラミンチについて

パラパラミンチは食べにくいなぁ〜。

ミンチでもよく見掛けるのが食べやすいように開発されたパラパラミンチです。皆さんはどうやって肉をパラパラにしているがご存知ですか?
あの製法は−60℃の二酸化炭素で瞬間冷凍させながら作っているのです。挽肉を−60℃するということはその時点で物理上『冷凍焼け』を起こしている、ということです。ところがそうして作ったミンチを保存しておくためには作った温度と同じ状態に保たなければなりません。
即ち常に−60℃にしておかなければなりません。そのため家庭用の冷凍庫では保存中に解凍が始まることもあります。
よくお店からアイスクリームなどを買ってきて冷凍庫に入りいるのに食べるときに少し融けているようなことは経験ないですか?あれも同様、製造温度と冷凍庫の温度が違うからです。
それに何度も冷凍庫から出し入れしているうちに更に融けてパラパラは最初のうち、ということになりかねません。与える方は便利で楽かもしれませんが、小型のワンちゃんにとっては栄養も肉汁もなくなってそれほど有難くないかも・・・・。