地鶏の定義

エゾ鹿イン

トップページ| このサイトについて| サイトマップ| ご意見・ご感想

 
エゾ鹿イン
エゾ鹿インへのお問い合わせ
エゾ鹿イン >> 地鶏の定義
Club Members

Club Membersのお申込はこちら

Club Members ショッピング

Club Members専用ショッピング

地鶏の定義

地鶏と呼ぶためには4つの条件があります。(決して地元の鶏ではありませんので悪しからず・・・。)

(1)在来種由来の血統が50%以上で出生証明ができる素びなを使っていること。

(2)ふ化日から80日間以上飼育していること。

(3)ふ化後、28日目以降は平飼い(放し飼い)で育てること。平飼いとは、鶏舎の中また外で鶏が床や地面を自由に動けるようにして飼育すること。

(4)ふ化後28日以降は1平方メートル当たり10羽以下の環境で飼育していること。

各地に数多くの鶏が飼育されていますが、実際上記の条件を満たす地鶏は国内に僅か66種しかいなく、その比率は何と!1%です。

日本で生産される地鶏は農林水産省によると出荷数は823万羽(2012年、食鳥流通統計)となっています。
1年間の肉用鶏が約7億5000万羽ですから比率はわずか1%ほどです。出荷羽数が最も多い地鶏は徳島県の「阿波尾鶏」で年間約200万羽出荷しています。その比率は全体の25%になります。2位は兵庫県の「丹波地どり」、3位に「名古屋コーチン」と愛知県が続きます。何れにしましてもブロイラーと違い、地鶏は単なる肉が固いというのではなくしっかりした歯応え、が特注です。我々でもなかなか口にすることが出来ない、地鶏のササミを格安でご提供致します。

地鶏の与え方

ササミ(翼を下ろすための筋肉)で、笹の葉の形に似ていることからこう呼ばれています。タンパク質が非常に多く、肉類の中でも断然トップの高栄養・低カロリー食といえます。ビタミンAやB群など各種ビタミンが豊富に含まれています。
地鶏の与え方ですが、食用は別としてワンちゃんにはあまり熱を加えないで『生』で与えて下さい。これまで馬肉や鹿肉を与えていらっしゃる飼い主さんは当然のことと思いますが、鶏肉を生で与えるとなりますと抵抗があるかもしれません。
しかし、これまで何度もお伝えしてきましたが、当店の自鶏はブロイラー同じではありません。当店の鶏はその点ご安心下さい。但し、生に慣れていないワンちゃんや飼い主さんが生で与えることに抵抗がありましたら、最初は少し表面を焼くかボイルをして与えてみて下さい。温風乾燥機のフードディハイドレーターのお持ちの方はササミジャーキーを作ってみては如何でしょうか?