九州産地鶏(ササミ)

エゾ鹿イン

トップページ| このサイトについて| サイトマップ| ご意見・ご感想

 
エゾ鹿イン
エゾ鹿インへのお問い合わせ
エゾ鹿イン >> 九州産地鶏(ササミ)
Club Members

Club Membersのお申込はこちら

Club Members ショッピング

Club Members専用ショッピング

毎月4日は鹿肉の日

毎月4日は鹿肉の日で15%OFF

九州産地鶏(ササミ)

エゾ鹿インではエゾ鹿+丹波鹿+国産馬肉+地鶏の三種類から選べます!

これで最後のピースが出揃いました!私共は今まで国産馬肉とエゾ鹿
肉を愛犬の食餌として商品化して参りました。但し、理想とする「食の
ローテション」を形成するためにはどうしてもあと一つの食材が必要でし
た。そしてついに理想とするそれを発見したのです。それが九州産400日飼育『地鶏』です。

ササミ

大変お待たせ致しました、といった方がお伝えしやすいかもしれません。
ご承知の通り、弊社は馬肉インの開店後、エゾ鹿インやドライフードインなどドッグフードの販売ショップをいくつも展開してきました。その中で私共は以前から『食のローテーション』を提唱してきました。しかし、それが例え優れた食材だとしても毎日、長期に渡って同じ食べ物を与え続けることは肉食動物の犬でもやがて飽きてくるのではないでしょうか?また栄養的にもアレルギー要因としましても主になる食材を変える必要があるのではないでしょうか?かといって肉なら何でもいいのか、という必ずしもそうとは限りません。安全性の妨げになる成長ホルモン剤や抗生物質などの投薬や添加物だらけの餌で飼育されている家畜の肉などは望ましくありません。
極力、野生動物やそれに近い飼育環境で育った家畜の肉が食材として理想ではないでしょうか?そういう意味では国産馬肉を始めとし、エゾ鹿肉を取扱って参りました。但し、私共は二種類では与える食材として少ないと考えていました。そこからさまざまな肉を探したのですが、肉なら何でもいいのか、というとそうではありません。

馬肉 地鶏 鹿肉

まず『』で与えることが出来ることが最低条件でした。それは何故かといいますと植物性や動物性の酵素を犬に与えるべきと考えていたからです。本来肉食動物である犬は好んで馬や鹿の腸内や内臓を食べます。
これは草食動物が食べた草や実を腸で分解した植物分解酵素を補給しようとしているのです。そういったことから愛犬に与える理想の食餌は極力生食を勧めてきました。その中で第三の食材として選んだのが『鶏』でした。しかし、これまで私共は鶏に関して否定的な意見も述べてきました。
それは鶏とは鶏でも抗生物質や抗菌剤、成長ホルモン剤などを投与され、餌も農薬汚染が懸念されている輸入穀物を餌として与えられているブロイラーのことです。更に付け加えるとしたらケージに飼われている鶏もその中に入ります。逆をいえば放し飼いで自然の餌を与えられている地鶏となると別問題です。私共はこの10年間、この別の鶏を探し求めていました。
一般的に鶏肉といいますと肉の中でも安く庶民の味方〜というイメージがありますが、地鶏になると価格が跳ね上がりとても犬の食材とは掛け離れていたのです。あるいは価格が相応でも与えている餌に問題があったりで理想とする鶏肉には出会うことはありませんでした。自然環境の状態で鶏肉が安いなんて有り得ませんからね。

国産地鶏のササミの価格について

銘柄

 

金額

銘柄

 

金額

名古屋コーチン

1kg

5,775円

東京しゃも

1kg

4,500円

比内地鶏

1kg

3,500円

青森シャモロック

1kg

3,000円

赤鶏

1kg

2,100円

大和肉鶏

1kg

2,500円

淡海地鶏

1kg

3,680円

薩摩地鶏

1kg

4,360円

大和肉鶏

1kg

1,750円

当店 地鶏

1kg

900円

しかし人生はバラ色じゃないかもしれませんが、まんざらでもありません。(笑)諦めていた頃、同業者から紹介していただいたのが、今回私共が発売する400日放し飼いで育てた地鶏なのです。勿論、投薬もしていませんし、餌も国産の餌を発酵させて与えています。これだけ好条件の鶏肉は日本中探しても見当たらないと思います。

国産鶏(地鶏)の飼育期間について

銘柄

飼育期間

銘柄

飼育期間

みやざき地頭鶏

150日

はかた地とり

85日

土佐ジロー

80日

さつま地鶏

120日

筑波地鶏

80日

比内地鶏

170日

青森シャモロック

80日

伊勢赤鶏

75日

近江しゃも

150日

朝引き鶏

65日

鳥取地どり

120日

阿波尾鶏

83日

奥久慈しゃも

135日

種鶏

100日

プレノワール

90日

当店 地鶏

400日

普通スーパーで販売されている鶏肉でラベルに○○鶏と書かれていない場合、それはブロイラーだと思って下さい。その他に鶏のヒナに対して飼料や環境などを工夫して飼育することにより品質をよくした食用鶏を銘柄鶏といいまして現在国内に112種類存在しています。地鶏はこれらとは更に違い厳しい条件が4項目に渡って決められています。当店の地鶏はその中でもダントツの飼育期間を設けており、これが肉の旨みにつながっています。

(1)在来種由来の血統が50%以上で出生証明ができる素びなを使っていること。

(2)ふ化日から80日間以上飼育していること。

(3)ふ化後、28日目以降は平飼い(放し飼い)で育てること。平飼いとは、鶏舎の中また外で鶏が床や地面を自由に動けるようにして飼育すること。

(4)ふ化後28日以降は1平方メートル当たり10羽以下の環境で飼育していること。

ブロイラー種は生後40〜50日前後で出荷されることが多いため肉が柔らかいのですが、肉味は淡白さそのものです。
飼育期の差は明らかに筋肉成分の違いを生じ、運動するほど筋線維が発達しますので肉質が引き締まって歯ごたえがよくなります。また酸素貯蔵の役目をするので運動機能を助けるミオグロビン(鉄分)が増え、酵素やグリコーゲンが増加することも研究の発表で分かってきています。これらの条件が揃って始めて旨みといえるのです。
くれぐれもお伝えしておきますが、当店の地鶏ササミは食用でペットフード専用ではありません。