犬の歯磨きについて

エゾ鹿イン

トップページ| このサイトについて| サイトマップ| ご意見・ご感想

 
エゾ鹿イン
エゾ鹿インへのお問い合わせ
エゾ鹿イン >> 犬の歯磨きについて
Club Members

Club Membersのお申込はこちら

Club Members ショッピング

Club Members専用ショッピング

犬の歯磨きについて

犬の歯

皆さんは愛犬の歯磨きをされていますか?あえてこんなことを聞かなくてもほとんどの飼い主さんは歯磨きをしていると思います。
実際に医師を講師にオーラルケア導入セミナーを開催したり、動物病院でも無料の歯磨き教室や歯垢を取る治療なども行っています。犬のお口の手入れも人間並みに、というところでしょうか。
そもそも歯磨きが必要かな?と思った理由は犬に舐められた時に「うっ!臭い!何この臭いは!」と感じたときではなかったでしょうか?
このままにしていたら歯周病になるのでは…と不安になって病院に駆け込んだり、インターネットで調べて歯磨きをするようになったケースが多いと思います。確かに獣医師から「歯周病は小型犬に多く発病し、歯槽骨が溶けて口と鼻が内部でつながったり、あごが折れるケースもありますよ。」と言われたら犬が嫌がろうとやはり磨くことになるのでしょうね。そしてこんなサイトを発見しました。

「個人的な意見ですが、結論から言ってしまうと、ワンちゃんの歯磨きは必要です。犬だって、虫歯になります。歯槽膿漏になります。だから、そのままにしておけば、口臭がしますし、じゃあ、どうしたらいいか。答え:ドライフードなど、歯ごたえのあるゴハンを与える。

皆さんも同じ意見でしょうか。そしてそれは正しいのでしょうか?私は疑問を呈します。むしろ全く違う意見です。
まずワンちゃんにしてみたら迷惑なはなしです。余程訓練されていない限り、指で歯茎をマッサージされてブラシを使って濡れガーゼで磨く、なんてされたらワンちゃんも顔をそむけます。成犬になると歯の数は上下で42本になります。犬歯は何のためにあると思いますか?
名の通り犬を象徴すべきもので言わば『牙』です。獲物をしっかり捕らえるためになくてはならない大事な歯なのです。その牙はエナメル質に覆われていて非常に硬く骨を簡単に噛み砕くことが出来ます。
これはそもそも大昔、狼だった時代からの名残で自然から与えられた恩恵です。ドライフードを食べるために生まれてきているわけではないのです。犬は肉を食べ硬い骨を噛むことで歯を鍛えることになります。
次が最も大事なことです。『歯の表面を硬い物でこすることにより磨くことにもなる』ということです。
それを毎日ドライフードや缶詰などの柔らかい物をばかりを与えているからこの磨く、という行為がなされず、歯の表面にはいつしかべっとりと歯垢が残り、やがては歯石へと変化してゆくのです。
問題はそれだけではありません。使っている歯磨き粉です。歯磨き粉には発泡剤・研磨剤等が入っています。
洗口液もそうですが、犬は人間と違い上手に吐き出すことは出来ません。結局、それを飲み込むことになり消化器官等を痛めてしまいます。もっと驚くというより腹正しいのが歯磨き用ガムです。いまや人間も使わなくなった豚ゼラチンに小麦、ジャガイモ、乳たん白、保存剤が入っている植物油(トコフェロール)、人工のビタミン類素、保存料(ソルビン酸カリウム)・・・。ワンちゃんの寿命を縮めたい方はどうぞお使い下さい。メーカーか一切責任を取りません。というより摂らなくてもいい法律なのです。
人間→家畜→ペットの順でペットの食餌などは管轄すらありません。売れればいいね儲かればいいという無責任な商品には憤りを感じます。
いろいろ書いてきましたが、全て事実です。そして上記の通り、唾液が臭い、歯垢が溜まる原因は普段の食生活です。というのも事実です。
馬肉や鹿肉を与えているワンちゃんは体臭も少なく綺麗な歯をしています。といいましてもそれぞれ事情があると思いますので一概に肉や骨を与えるということは出来ないと思います。そして簡単で便利なドライフードを与えることになるのでしょう。
そうすると堂々巡りで臭い、歯垢が溜まる、歯を磨く、を繰り返すことになるのでしょうけどせめても歯磨き粉をつけないことをお勧めします。犬のためなら何でもしてあげたい。それがそもそもの間違いです。
ペットで飼っているのでしょうけどほったらかしも可哀想ですが、あまり過保護にすると犬の体質が変わり体力や抵抗力がなくなっていきます。何事もほどほどが大切です。