鹿ドライ ホーフ

エゾ鹿イン

トップページ| このサイトについて| サイトマップ| ご意見・ご感想

 
エゾ鹿イン
エゾ鹿インへのお問い合わせ
エゾ鹿イン >> 鹿ドライ ホーフ
Club Members

Club Membersのお申込はこちら

Club Members ショッピング

Club Members専用ショッピング

超レアーな鹿の蹄 一度与えてみて下さい!

鹿の蹄

正しくこれは鹿の蹄(ホーフ )です。この蹄を洗浄して乾燥した商品を販売しています。「えーっ?犬に蹄を与えるのですか?」と飼い主さんから驚きの声が聞こえてきそうですがそうなのです。
実は当初この蹄は販売の予定はありませんでした。ところが工場の担当の方から「これどう思いますか?」と手渡されてのが販売するきっかけだったのです。最初は何だか分からなく「これは何ですか?」触ると固く三角形の形をしているので鹿の尻尾の骨か角の根の部分と思っていたら「蹄です。」と教えられビックリしました。
骨やジャーキーは今までの経験で分かっていましたが、そこに蹄がくるとは想像すらしていませんでしたからね。
犬はこれをどうするのだろう。かじるのだろうか、いや飽きるまでかじる続けるのか、それとも最後は食べるのだろうか・・・、私の頭は混乱してしまいました。でもまだまだ他にも聞いておくことや見ておきたい所、撮影したい場所があったので私はそれを1袋サンプルとしていただき、神戸に帰ってからゆっくり考えることにしたのです。
その後、全ての予定を無事終了し神戸に戻ってきた私は、旅行ケースにあった蹄に気付きました。そう言えば担当者の人は「これが犬が凄く喜ぶんですよ。」と言う言葉を思い出し、そのことと販売の結びつけを考えていました。

鹿 ホーフ

何故ワンちゃんがこの蹄を喜ぶんだろう。何か好む匂いでもするのだろうかといくら嗅いでもほとんど匂いません。それにしても凄く固いのです。固い・・・、固いねぇー。そうだ!その時飼育している高さ3mの塀を飛び越えると言っていたことを思い出しました。鹿の跳躍力は他の動物をはるかに凌ぎ助走なしでも網だろうと電気柵だろうと楽々飛び越えてしまうのだそうです。
よく考えてみたら今回も知床の急斜面に足で踏ん張って落ちもせず平気に草を食べていました。あの時はあんなところで草を食べてるわ、と思っただけですがあれが出来るのは多分鹿だけかもしれません。
そして峻険な山岳地をものともせず体を支えていたのはこの蹄だったに違いない。
蹄は十分な栄養が与えられているときには人の爪よりもずっと堅く、頑丈な角質組織として発達します。
牛の蹄は1ヶ月に約5mm位伸びます。蹄が伸び過ぎて形が悪くなると肢勢も悪くなり、体重の支え方や歩き方に影響し、体形も崩れてきます。
ですから削ってもらうのです。しかし、放牧や運動が十分であれば、地面との摩擦によって自然に正常な蹄長、蹄形が保たれます。
ともかく私はこの蹄こそが重要なポイントのように思えてきたのです。
即ちジャンプとグリップの力とでも言うのでしょうか、凄いパワーがこの蹄にあるのではないかと思うようになったのです。
そこで思い立ったら即行動の私は実際、鹿の蹄を知り合いのワンちゃんに上げてもらいました。すると、いままでガム系にあまり興味がないった犬が噛み噛みして離さない、という返事をもらいました。そしてこれがけっこう長持ちするらしいのです。おまけにハミガキ効果も期待できます。
是非一度、お試し下さい。

鹿ドライ ホーフの注意事項

◆本品は国産エゾ鹿の蹄です。

◆本品はワンちゃん用のおやつです。

◆幼児、お子様、ワンちゃんなどの手や口が及ばない所に保管して下さい。

◆ワンちゃんにあげる時は、大人が監視して下さい。

◆ワンちゃんの体調が変わった時は獣医師にご相談下さい。

◆直射日光や高温多湿の場所を避け、開封後はなるべく早めに上げて下さい。

無添加 歯ブラシ