CHECKMATEの与え方について

エゾ鹿イン

トップページ| このサイトについて| サイトマップ| ご意見・ご感想

 
エゾ鹿イン
エゾ鹿インへのお問い合わせ
エゾ鹿イン >> CHECKMATEの与え方について
Club Members

Club Membersのお申込はこちら

Club Members ショッピング

Club Members専用ショッピング

CHECKMATEの与え方について

ドライ→ミネラル水 50cc→チェックメート ウェット

CHECKMATEの正しい与え方はありません。字の如くそのまま一般のドライフードと同じように与えても結構です。ドライの状態で今まで与えていたフードと比べみてもいいと思います。さてどっちを先に喜んで最後まで食べているでしょうか?(笑)
最初から勝負はみえていますね?余程、今までのフードが食べ慣れて好きなのか、添加物が好きか、腸が長く炭水化物を消化できるワンちゃん以外は国産馬肉とエゾ鹿肉のフードを喜ぶはずです。もう一つはミネラルウォーターを入れてウエットのように少し柔らかめで与えるのもいいと思います。CHECKMATEは馬肉+鹿肉から水分だけを除いただけのフードですが水を加えたら元の馬肉になるのか?といわれますと形状も栄養素も異なります。しかし、自然界のほとんどの食べ物には水分が70%含まれています。
ドライフードは水分が約10%前後ですのでそのまま与えるよりこうして水を加えることで少し生食に近づけることが出来ます。
そこでもう一点比べてもらいたいのはワンちゃんのおしっこ(尿)です。今までドライフードを与えた後に水を与える、あるいは餌と水を別々に与えた場合、色が濃かったり臭いが強かったりしませんか?もしそうであれば水が足りないのとドライフードに原因があるかもしれません。上記のようにCHECKMATEに水分を加え与えてみて下さい。それでもおしっこの色が濃かったり、臭かったら(体臭も)お金はお返しします!当店の会員様100人以上にも試作品を使っていただきさまざまな感想をいただきました。全員の方からワンちゃんが喜んで食べた。
今までの喰いつきと全く違う。食べ終わってもいつまでも食器を舐めていた。など大変好評でした。その中でこうして与えた方がいらっしゃいました。「うちでは仔犬の時から野菜を炊いてお肉と混ぜて与えていました。
そこで今回馬肉インさんから試供品が後らせてきましたのでCHECKMATEをお肉と見立てて一緒に白菜と炊いてみました。(少し固めで)最初は以前市販のドライフードで同じように作った際にドロドロになりしかも臭くてうちの子は食べませんでしたのでどうかな?と少し不安だったのですが見事に予想外で美味しそうな食事が出来上がりました。ドライの状態でもいいのですが我が家では炊いて使いたいと思います。」因みに変な臭いは一切しなかったそうです。(当たり前ですが・・・。)
次に与える量ですがどうしても欲しがる子には上げたくなるのが心情ですがこれまでのドライフードと同じ量を与えたらいいのでしょうか?というお問合せをいただきます。この回答は大変難しく一概に決まった量を言い切れません。それらは栄養学の基本となる基礎代謝の厳密なデータがないので一般的には体重だけで餌の量を決める傾向があるようですが実際は個体によって年齢や犬種、性別、運動量などの条件が一匹ずつ違うからです。まだ馬肉や鹿肉のように生食であればある程度の量は推奨できますが、ドライフードになると約70%が穀類+添加物ですから肉の量というより炭水化物の量になってしまいます。そうなりますとCHECKMATEと今まで与えていたドライフードの量と同じでいいのか?と問われると「違うでしょうね。」としか答えようがありません。
但し、言えることは今までのフードの肉の量と比較するのであればかなり少なめに与えてもいいということになります。なるべく自然の状態に近づけようとするならば上記のようにドライの状態より少し水分を加えて与えるのが望ましいと思います。
よくドライフードを与える量を年齢別や体重別に詳しく分けて表にしているのを見掛けますがあれはほとんど役に立ちません。毎日の管理の中で調整して上げて下さい。