エゾ鹿の狩猟

エゾ鹿イン

トップページ| このサイトについて| サイトマップ| ご意見・ご感想

 
エゾ鹿イン
エゾ鹿インへのお問い合わせ
エゾ鹿イン >> エゾ鹿の狩猟
Club Members

Club Membersのお申込はこちら

Club Members ショッピング

Club Members専用ショッピング

エゾ鹿の狩猟

鹿

東北海道だけでも30万頭を超えるエゾ鹿が生息し、農業や交通に多大な被害を与えています。
行政は個体数を5万頭まで減らそうと考えています。そのためにもハンターによる適正な狩猟が欠かせません。北海道のエゾ鹿猟は、大体10月20日前後が解禁だったと思います。
狩猟に鉛の弾は使用禁止になっています。従いまして、銅の弾で撃つことになります。ところが鉛弾は貫通してしまうため鉛の散弾銃と比べて一発で仕留めるということは難しいと聞いています。
しかし、鉛と比べて破壊力が少ない分内臓が破裂することは少なくなりました。特にエゾ鹿の肝臓などは高級食材になります。
ですから急所を外すと命中してもその場で倒れることはなく、鹿は山奥やクマ笹の中に逃げていきます。
そこで慌てて追いかけてはいけないそうです。むしろゆっくり時間を掛けて追って行きます。慌てて追いかけなければ鹿は近くに横たわっていることが多いということです。
エゾ鹿は(熊は別として)他の固体より的が大きいので200mもあればほとんど命中します。プロになればその精度はさらな高くなり鹿の急所であるネックショット一発で仕留めるそうです。
しかし、注意しなければならないことはヒグマです。北海道のヒグマはとても賢く、ライフルの発砲の音を聞き分けます。むしろ発砲音=エゾ鹿=御馳走と連想してしまいます。ですからすぐに追いかけるようなことはせず、ヒグマが出てこないか注意しなくてはなりません。
しかし、この狩猟はまだまだ課題もあります。地元のハンターは高齢化が進み、エゾ鹿の繁殖に狩猟が追いつかないのが現状です。
そこで各地域ではディアハンターツアーを募集しているようです。


当店のペットフードは全て北海道で生息している野生のエゾ鹿を加工して製品化しています。新鮮と安全性なら鹿肉!

当店のペットフードは全て北海道で生息している野生のエゾ鹿を加工して製品化しています。新鮮と安全性なら鹿肉!

ドライフードを根本から見直し、「安全」と「健康」「栄養」を重視した次世代のドライフード。セシウムなどの放射能検出値0(ゼロ)!分析検査済み原材料使用。