羊肉ジンギスカン

エゾ鹿イン

トップページ| このサイトについて| サイトマップ| ご意見・ご感想

 
エゾ鹿イン
エゾ鹿インへのお問い合わせ
エゾ鹿イン >> 羊肉ジンギスカン
Club Members

Club Membersのお申込はこちら

Club Members ショッピング

Club Members専用ショッピング

羊肉ジンギスカン

だるま店

ジンギスカンといえば北海道の郷土料理で、羊肉(マトンやラム)の焼肉料理です。
本州の岩手県遠野市や山形県蔵王や長野県等などの一部の本州各地でも常食されている地域はあるようです。
本州では焼肉といえば一般的に牛肉ですが、北海道で焼肉といえば羊肉というくらいジンギスカンは欠かすことのできない料理なのです。
普段、牛豚鶏肉に馴染みがある私たちにとって、羊の肉と聞くとあまりピンときませんよね。
しかし、マトンとかラムと聞くとなんとなくうなづけます。ジンギスカンはそんな羊料理なのです。
日本人が羊料理を食べ始めたのは大正時代という説と、もしくは昭和初期に入ってからという説があるとようです。
ジンギスカンの原型は、旧満州から伝わった羊肉の炙り焼きか「コウヤンロウ(鍋羊肉)」が現在のジンギスカンになったといわれています。
昭和30年代頃から「成吉思汗」と漢字で書かれたりもするようになりました。
ジンギスカンといえば欠かせないのがジンギスカン鍋ですね。フライパンや網焼きなどもあるようですが、それでは本格的なジンギスカンは味わえないのです。
食べ方はいたってシンプル、まずは鋳物製の鍋にたまねぎやもやしなどの野菜と一緒に羊肉を載せて焼きます。
中には蒸し焼きにする人もいますがやはりそれは邪道でしょう。このジンギスカン鍋で食べると羊肉を美味しく食べられます。その秘密は、この鍋は真ん中が盛り上がっていて溝が掘られているのです。溶けた脂がその溝を傾斜に沿って流れ落ちる仕組みになっているからです。やはりジンギスカン鍋で食べないとジンギスカンとはいえないでしょう。
羊肉をタレに浸してから焼いて食べる味付けジンギスカンと、羊肉を焼いてからタレに浸して食べる生ジンギスカンの2つの食べ方があります。
味付けジンギスカンは、リンゴ汁やしょうゆ、ショウガの絞り汁などを混ぜたタレに羊肉を漬け込んであります。
羊の肉には少し癖があって、特に匂いを気にする人もいるようですね。
味付け肉は熟成されたタレの甘みで羊肉の臭みを消してくれ、軟らかさも増してどなたでも食べやすい味に仕上がっていると思います。
しかし、やはり!本物のジンギスカンといえば生肉を焼いてタレを付けて食べるのが醍醐味です。
羊肉そのものの旨みを味わうことができますし、それに羊肉ってこんなに美味しいものなのかと思えるほどジューシーなお肉だといえます。
いずれにしましても北海道の地域や各家庭によっても食べ方が異なっているようですね。

成吉思汗

羊肉は、牛肉や豚肉と違ってとってもヘルシーな肉でさっぱりとしていますが、鶏肉とはまた一味違いジューシーな肉質と歯ごたえなのです。
体の外から摂取しなければならない不飽和脂肪酸が羊肉には豊富に含まれています。
羊肉は高タンパクで低カロリー、それ以外にもL-カルニチン、ビタミンB12やB1、B2などのビタミンB群、亜鉛や鉄分などのミネラルもたっぷり含まれていています。
L-カルニチンは脂肪を燃焼させるのに必要な成分だといわれています。
そして抗酸化作用により乳酸を減らす働きをするので疲労回復に効果的だともいわれています。
羊肉には多くの脂を含んでいますが、融点が他の肉に比べて高いために体の中に給されにくいという利点があります。
羊肉は脂肪がつきにくく、脂肪を燃焼しやすいとなると美容と健康にとても良い肉だといえます。
このようにして他の肉とは違う特徴がいろいろある羊肉を沢山摂りたいものですね。
羊は偶蹄目ウシ科に属する反すう動物で、牛と同じように4つの胃を持っているのです。

歯は下あごに8本の前歯(切歯)、奥歯(臼歯) が上下合わせて24本、合計32本あります。基本的な構造は牛とほぼ同じです。
しかし唯一の違いは、口の形状にあります。牛の上唇は平らで分厚いため餌を食べるときにはあまり使われませんが、羊の場合は上唇溝と呼ばれる縦の溝により上唇が左右に分かれており、これを器用に動かして餌を食べるのですよ。

お勧め!本物の北海道産羊肉 タレ付きジンギスカン

お申込はこちら こちらから 商品をカートに入れる