エゾ鹿卸販売(食用)

エゾ鹿イン

トップページ| このサイトについて| サイトマップ| ご意見・ご感想

 
エゾ鹿イン
エゾ鹿インへのお問い合わせ
エゾ鹿イン >> エゾ鹿卸販売(食用)
Club Members

Club Membersのお申込はこちら

Club Members ショッピング

Club Members専用ショッピング

エゾ鹿卸販売(食用)について

飼育鹿

私どもは人が食べる鹿肉とペット用の鹿肉は別々に考えています。よく野生鹿をジビエ料理の一環としてもてはやされているようですが、実際の鹿肉の消費のほとんどがフレンチ/イタリアンという洋食業界の食材です。
彼らの需要は10月後半から12月末までの3ヶ月間です。そのほとんどがロース又はフィレ肉でジビエ料理のメインメニューになります。
つまり、狩猟肉を食する習慣のあるヨーロッパの料理でしか使われていないことが問題です。確かに北海道でも野生鹿が爆発的に増加し、農林業被害に苦しんでおります。
行政は、この問題を解決すべく助成金を支出して有害獣駆除を促進しております。
ハンティングとしての猟期は設定されておりますが(本年は10月24日から解禁、断続的に3月まで設定)有害駆除は町村単位で期間を設定しております。
北海道庁の指定した猟期以外でも、駆除として狩猟している区域もたくさんあります。

そのことによって駆除した鹿肉をジビエとして販売しよういうことなのです。

が!

ハンターによる狩猟肉(野生)を美味しいと販売しているネットショップは、実は飼育した方が肉質的にも良いことは分かっていても肥育するための土地・餌の確保・牧夫の雇用・鹿を掴むための罠施設・罠猟の許可や免許等が必要となるため出来ないだけなのです。北海道でも牧場は3ヶ所のみです。牧場を持つと人を年間雇用しなければなりません。

ハンター肉しか扱わなければ可猟期のみ雇い入れればよいわけですから結局、山に入って鉄砲で撃った方が早くて安い、ということになるのです。

当店の人食の鹿肉は当然生体捕獲します。それから約3ヶ月飼育してから需要に応じて出荷しております。
当然、山草より栄養価の高い食物を摂取するため、肉質も良くなります。
また、鹿特有の臭みも薄くなります。
衛生面・需要に適した肉の生産・肉質から生体捕獲した後に養鹿を行っております。
是非この機会に一度ご利用下さい。実際食して見ると匂い・クセ・柔らかさ、全てに於いて飼育の鹿肉ってこんなに美味しいものなのか、と思われることでしょう。

今後も益々、新鮮且つ安全な鹿肉をご提供できるよう努力していきます。
そこで今回は、鹿肉を取扱っている業者個様、お店経営されているオーナー様、あるいはパーティーやバベキューなどに如何でしょうか?大変お買い得になっています。お肉はご指定通り部位や加工することが出来ます。

ご興味のある方は、お気軽にエゾ鹿イン食用企画室までお問合せ下さい。
お問合せ先:info@ezoshika.in 鹿肉業販卸係り

食用鹿肉 税込価格
特上ロース ステーキ用 200g×10 12,285円 商品をカートに入れる
スペアリブ 500g 3,413円 商品をカートに入れる
モモ肉 200g ×10 7,371円 商品をカートに入れる
ヒレ肉 200g ×10 13,650円 商品をカートに入れる

送料・お支払方法等について     画像はこちらから

(!注 よくお読みになって下さい。)

特上ロース

◆鹿肉は全て飼育エゾ鹿を利用しています。

◆鹿肉は全てクロネコ冷凍扱いでの発送となります。
  送料にはクール代(冷凍代)が含まれています。

◆卸販売のお支払いの銀行払いは前入金となりますのでご了承下さい。

◆飼育エゾ鹿を使用するため品不足の場合はお待ちになっていただく場合
  も御座いますのでご了承下さい。
  他の部位をご希望される場合はお申し付け下さい。
  別途見積もりをご用意します。

◆肉量に関してですが、鹿肉は大型の牛肉と違いまして一頭から約30kgしか取れません。
  それから各部位に分かれますので販売するグラム数に若干の誤差が生じます。
  その点をご了承の上お申込をして下さい。

◆スペアリブの長さは約12〜13cmカットで5本入となります。


ドライフードを根本から見直し、「安全」と「健康」「栄養」を重視した次世代のドライフード。セシウムなどの放射能検出値0(ゼロ)!分析検査済み原材料使用。